Staff Blog スタッフブログ

ローズガーデンクライスト教会のスタッフによる公式ブログ。
教会での日々の出来事やお知らせ等を発信しています。

 

結婚式のマニュアルとは

 

先日とある本屋さんで

「結婚式 花嫁からの感謝の手紙の書き方」なる手引き本が。

ビックリしました。
と同時に、がっかりしました。

確かに、いろいろなものがマニュアル化されている昨今、

参列の方、ご両家のご両親やご親族、勤め先の上司に失礼の無いように、

乾杯の祝辞や友人代表のスピーチの 例文を調べたくなる気持ちもわかる。

だけどだけど。 花嫁からの両親の手紙、

それだけは、マニュアルなんかに頼っちゃいけないんじゃないかなって、思ったのです。

作文のお手本を丸写ししたようなお手紙、

ご両親は喜んでくれるでしょうか?

きっとお父さんお母さんは思い出すはず

自分の娘が初めて文字を書いた日のこと

左右反転のミミズの文字が

いつの間にかきれいに書けるようになって

カタカナも漢字も覚えて

宿題の読書感想文で困った日のこと

みんなの前で作文を発表した日のこと

小さかった頃の出来事を思い出させる鍵が、新婦の手紙には、ちりばめられているはずなんです。

へたくそだって 短くたって いいんです。

想いを伝える手紙です。長ければいいというもんじゃない。

どれだけ、自分の言葉で書いているか。

文章が苦手で、うまく伝えられるかわからないなら、わざわざ沢山の人の前で読まなくたっていい

結婚式を迎えた今日の自分が、お父さんお母さんに想うこと。

ぜひ、マニュアルなんかに頼らず、自分の言葉で、自分の思いを伝えて下さい。

誰のためでもない、ご両親のために。

聞かせたいのは、伝えたい想いは、

参列のゲストに向けてではないはずです。

 

花嫁の手紙|ローズガーデンクライスト教会

 

それが何よりの親孝行なのになーと思いながら

うろうろしていた本屋の料理本コーナーで

手をつなぎながら立ち読みする若いカップル。

「あたし、いちじるさんさいにはこだわりたいんだよねー」

「おれ、でじるの味とか気になるタイプ!」

こらこらきみたち。

「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」

「出汁(だし)」ですよ!!!

きみたちみたいな若いカップルが

どうかマニュアル化されたお手紙書いたりしませんようにと

願うばかりなのです。

 

それではまた。

 

ROSE-GARDEN-HANAYOME-BANNER

ブライダルフェア|ローズガーデンクライスト教会