Staff Blog スタッフブログ

ローズガーデンクライスト教会のスタッフによる公式ブログ。
教会での日々の出来事やお知らせ等を発信しています。

 

【ウエディングSTORY】プリンセスが教えてくれた

 

教会で結婚式|ローズガーデンクライスト教会|ステンドグラス

 

霧が晴れるような感覚に襲われました。

おとぎ話に憧れる少女の頃はとっくに過ぎ、歳を重ねていく中で、

お話はハッピーエンド、「一生幸せに暮らしましたとさ」で終わったけれど

たった一晩舞踏会で踊っただけの彼

ずーっと眠ってて突然迎えに来た彼

初対面の人とそんなにうまくいくはずないじゃんと、

心のどこかで思っていた。

そんな垢やホコリにまみれてパサパサに渇いた大人の心に

水が沁み渡って行くようでした。

彼女たちは、王子様になんにも望んでいないということ。

まだ会ったこともない彼に憧れ、尊敬し、いつか出会えることを信じ、

その日のために自分を磨き、毎日の生活から小さな楽しみと喜びを見つけ、

自分を陥れようとする意地悪な継母にも妬む王妃にも

仕返しなんてこれっぽっちも考えてない。

自分が幸せになるために、自分が努力することしかない。

出逢えるだけで幸せ、一緒にいられるだけで幸せ。

そんな風に思うこと、みんなできるだろうか。

あれもしてほしい、これもしてほしい、望むばかり。

あれもしてくれない、これもしてくれない、なんにもわかってくれない、

文句ばかり。

自分はどうだろうか。

相手に望みすぎず、常に感謝の気持ちを持つこと。

結婚相手や恋人だけじゃない、家族にも、友人にも、それってとても大切なこと。

わかってはいるけど、なかなかできないこと。

毎日の中で、心がけることすら忘れがちで。

そういえば、教会の大野牧師が書いた小さな本

「聖書のことば」の中にもこんなページが。

―どんなことにも感謝しなさい―

幸せだから喜び、感謝するのではありません

喜び、感謝していると幸せになれるのです、と。

まさにあのプリンセスたちが当たり前に、していることでした。

この本、深く読んだことはなかったのですが(大野先生ごめんなさい)

読めば読むほど、大野先生が聖書の中から抜粋してくれた言葉たちが

「新郎新婦に向けて」としているのが、とてもよくわかって。

少しでもなるほど、と思えたら 結婚式の準備の中での小さなケンカも、なくなるのでは?

なんて思ったりもして。

この本、教会の外観が表紙の、小さな小さな本です。

これから結婚式を迎えるお二人に、お渡ししています。

聖書のことば、と聞くと堅苦しい感じがしますが、

パートナーと楽しい日々を送るちょっとしたコツ、と思って読んでほしいな、と思います。

興味のある方、まだお持ちじゃない方は是非、お問い合わせください。

彼や彼女とついついケンカばかりのあなたもどうぞ♪

 

キッズ|教会で結婚式

 

気が付かないうちにいつの間にかお姫様たちより年上になってしまったショックはさておき

何十年ぶりかに彼女たちに再び憧れて、

容姿が伴なわないならばせめて気持ちだけでも近づけるように、

本屋で見たあのお姫様たちの本、買って帰ろうかなと思ったりして。

それではまた。

 

 

 

 

ブライダルフェア|ローズガーデンクライスト教会