Staff Blog スタッフブログ

ローズガーデンクライスト教会のスタッフによる公式ブログ。
教会での日々の出来事やお知らせ等を発信しています。

 

ウエディングアイテム~ブーケ~

 

いつもローズガーデンクライスト教会の

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はブーケについてお話させていただきます。

日本では、ブーケというと花嫁が持つお花を連想すると思いますが、

実は、ブーケ(bouquet)とは、フランス語で 「花束」 全般を意味するもので、結婚式の時に花嫁が持つお花は、「ウエディングブーケ」や「ブライダルブーケ」と呼んだほうが、より正確な表現になるそうです。

ウエディングブーケの由来には諸説ありますが、19世紀前半のヨーロッパが起源とされています。今からおよそ200年も前。1800年代前半といわれております。男性から婚約した女性に、毎日花を贈るという習慣ができたそうです。それがいつしか形を変えて結婚式の朝、花婿から花嫁に花束が贈られるようになり、この逸話が、ウエディングブーケの始まりとされています。

また、男性が女性にプロポーズする際、自らの手で野の花を摘み、それを束ねて愛する女性に結婚を申し込んだそうで、「Yes」であれば、女性はその花束の中から一輪抜き取り男性の胸ポケットにそっと差し込むのだそうです。ロマンチックですね~☆

ちなみに、この儀式は、現在でもブーケセレモニーという形で継承されています。ウエディングブーケは、花嫁の象徴というだけでなく
“花婿からのプロポーズの証” でもあるんです。ローズガーデンクライスト教会では選んだドレスに合わせてブーケをコーディネートする打ち合わせをおこなっております。

好きなお花や思い出のお花、季節のお花などなどあなたのお好みや、ドレスのボリュームに合わせて専属フローリストがご提案してくれるのでぜひ、あなたのお好みをお聞かせくださいね♪

ウエディングブーケ

 

 

ブライダルフェア|ローズガーデンクライスト教会