Staff Blog スタッフブログ

ローズガーデンクライスト教会のスタッフによる公式ブログ。
教会での日々の出来事やお知らせ等を発信しています。

 

【ウエディングSTORY】親友の相談

タキシードを着る新郎

「俺、そろそろ プロポーズをしようと思ってる。」

僕の友人の話。 いつもあっさり、さばさばした性格の彼。

そんな彼と遊ぶと 居心地がよく、一番仲の良いといってもいい
いわば僕にとって「親友」である。

大学のころからなので、かれこれ10年以上、一緒にいる。

彼には、ずっと何年も付き合ってきた 「彼女」がいて
僕も1度会ったことはある。

でも、僕と彼は男同士。お互いに彼女の話をしたり
恋愛相談をしたことは無かった。仕事もお互い建設の現場の仕事。
男たちの多い中で、そんな話が出たことも無かった。

そんな彼からの 突然のカミングアウト。

「結婚」という気配をまったく感じていなかったことの驚きで、
僕があっけにとられている中、彼は話を続けた。

「あいつ、昔からディズニーが好きだから
シンデレラ城の前でプロポーズをしようと思ってるんだ。
きっと、驚いてくれると思うんだよな~」

「OKしてくれたら、結婚式を考えるだろ?
なんていうかさ・・・俺全然わからないんだけど
あいつの一番似合う、きれいなドレスを着せて
一番お姫様になれる会場や花の中でしてあげたくてさ」

「おまえだったらさ、どうする? どんなプロポーズの言葉とか言う?」

僕はさらにあっけにとられて ボー然としていた。

彼のもともとの性格や価値観からは
予想もしていなかった発言が並ぶ。

新郎新婦|ホワイエ|結婚式当日

「きっとさ、あいつも
俺がこんなこと考えてるなんて
思わないだろうな~」

僕の親友と彼女は
「結婚」という誓約を通して
お互いの「心から相手を愛する想い」に触れ
自分自身と同等、もしくはそれ以上に
相手を大切にしたいと思うようになるのだろう。

「結婚」や「プロポーズ」自体を行わない方や
「結婚」はしても「結婚式」は行わないという方も
多いと 言われているが、行うことには
とっても素敵な意義があるのだとあらためて感じる。

そして、そんな相談を受けた僕も
親友として嬉しく思う。

結婚式に呼ばれたあかつきには
ふたりへのサプライズでも考えてみようか。

 

ブライダルフェア|ローズガーデンクライスト教会