Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

ヒロシマ

 

オバマ米大統領が先月27日

米国の現職大統領として初めて被爆地 広島を訪れました。

平和記念資料館を視察し 原爆死没者慰霊碑で献花をしました。

演説では戦争の悲惨さを強調し

「核なき世界」を主導していく決意を改めて示しました。

私も広島・長崎・沖縄の平和記念(祈念)施設

イスラエルのホロコースト記念館など訪れたことがありますが

改めて戦争の悲惨さを覚えさせられます。

71年前の広島はおよそ35万人が住んでいたそうですが

一発の原子爆弾による熱線・爆風・放射線によって

三分の一以上の人々が亡くなってしまいました。

聖書は人間は罪人であると記されていますが

状況 環境そして教育によって

最も大きな罪悪である戦争をもなしうる者であり

人類の歴史はその連続でした。

今から34年前に広島を訪れたローマ法王ヨハネ・パウロ二世は

次のように語りました。

「戦争は人間の仕業です。

戦争は人間の生命を奪います。

戦争は死そのものです。

過去をふり返ることは

将来に対する責任を担うことです。

ヒロシマを考えることは 核戦争を拒否することです。

ヒロシマを考えることは 平和に対して

責任をとることです。」

私は生きているうちにポーランドのアウシュヴィッツと

アムステルダムのアンネ・フランク・ハウスを訪ねたいと願っています。

人類の負の歴史から目を背けてはならないと思います。