Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

希望の対象

 

私の一年で一番好きな月3月がやって来ました。

「まだ寒いし雪も降るのに~?」

と言われる方がいるかもしれませんが・・・。

静かにそして確実に近づいている春を待つこの時が私は好きです。

四季があるこの国に生まれたことに感謝したいと思います。

さてW・バークレーという神学者が次のようなことを言っています。

幸福な生涯には三つのものが必要です。

①希望の対象

②仕事(使命)

③愛の対象

こんな話があります。

ある日 アレキサンダー大王は よほど気分が良かったのか

たいそう気前よく家来たちに贈り物をほどこしたそうです。

あるものには財産を与え 他のものには領地を

さらに他の家来には名誉ある地位を与えました。

これを見てアレキサンダー大王の友人が

「こんなことをしたら 陛下自身の手許には

何も残らなくなってしまうではありませんか」

と進言したそうです。それに対し大王は

「いや そんなことはない。

一番大事なものはちゃんと残してある。

希望を残してあるから心配はいらぬ」と答えたそうです。

もし私たちが希望に生きず 追憶のうちに生きるとき

つまり過去の思い出ばかりに浸り 現実逃避ばかりしているのならば

真に人生を生きているとは言えないのではないかと思うのです。

先週「最高の人生の見つけ方」という映画のDVDを観ました。

ガンを宣告され余命6か月という

死が近づいている二人の中年後期の男性が

たまたま同じ病院の病室の隣同士となり

残された人生の時間を

どのようにして生きたかを描いたものです。

勿論フィクションでありいかにもアメリカ映画という感じですが

教えられることが多々ありました。

何よりも主演のJ.ニコルソンとM.フリーマンの名演技が印象的でした。

*お勧めします。

北海道は確実に春が近づいています。

皆さん~どんな時でも希望を失わずに生きていきましょうね~!