Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

砂上の楼閣

 

「砂上の楼閣」をコトバンクで調べてみますと

「見かけはりっぱであるが基礎がしっかりしていないために

長く維持できない物事のたとえ」とあります。

新約聖書の中に次のようなたとえ話があります。

2件の家があり見たところは同じような家なのですが

土台が一方は岩であり一方は砂でした。

何もない時はいいのですが雨が降り風が吹き

やがて洪水が押し寄せてきたとき

両者の状態・結果が決定的に明らかになるのです。

一方はびくともせず一方はもろくも崩れ去ってしまうのです。

さてここで言う「岩」とは変わらないもの

「砂」とは変わってしまうものと解釈して良いでしょう。

流行や人の心は移ろい変わりやすいものであることは

皆さんの人生の中で沢山経験されているのではないでしょうか。

さてこのたとえ話は土台が何であるかが重要です。

土台はあまり目立ちませんが

建物全体を支えているとても大切なものです。

人生を建物に例えるならば

土台はその人の人生観・価値観と言えるでしょう。

その人生に雨や風や時として洪水が押し寄せて来ることがあるのです。

平穏なときには土台はあまり問題とはなりませんが

試練の時に試されるのです。

人生を成功的に生きていた人が不祥事を起こし

すべてを失ってしまうということがあります。

今まで築き上げてきたものを

一瞬で失ってしまったという人を見てきました。

人生と言わなくとも家庭を結婚生活を・・・

このイエス・キリストのたとえ話は私たちの生き方を問うものです。

家の形・大きさではなく何の上に建てるかが問われるのです。

あなたの人生はいかがでしょうか。