Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

春近し

ここの所暖かい日が続いてます。

皆さん体調お変りありませんか。

今月中旬に健康診断がありますので

春も近いし室内で運動をしようと思い立ち 早速始めてみました。

・最初は小学生で習った「ラジオ体操」です。

NHKのDVDを以前購入しましたので体操1と2を一生懸命懐かしくしました。

・次に小 中学と野球部に属していましたので

スイッチヒッターであった私は左右でバットスゥイングを各30回。

グローブとボールを持って投球練習をしました。

・その次はこれはいつもしているレスリング時代の筋トレ。

・そして最後に足踏み機と身体をブルブル震わせる機械を

これまた以前購入していましたので10分。

これらを3日間続けてしましたら疲れを感じてしまいました。

考えてみましたら今年9月で「高齢者」になるわけで

ゆっくり無理せず続けることの大切さを知らされました。

思い立ったらすぐ行動し後で反省するのが私のパターンです・・・。

先日家内と話をし春には函館に行くことにしました。

家内は幼いころハリストス正教会のすぐ近くに住んでいたことがあり大好きな街なのです。

新郎・新婦とのお話の時 想い出の場所が函館だというカップルが多いですね。

さて函館というと私は新島 襄のことをいつも思い起こします。

皆様はご存知でしょうか。

我が国の江戸時代が終わりに近づいたころ新島少年は

当時の文明国のアメリカへ渡ってその科学と技術を学ぶという志を持ちました。

しかし渡米することは固く禁じられていた時代ですので

新島少年はこっそりと回船問屋に行き船に乗り込み渡米に成功したのです。

長い船中彼は聖書を手に入れましたが最初のページの言葉に釘付けにされました。

「In the beginning God created the heavens and the earth」
(初めに神が天と地を創造された)

今まで彼が抱いていた”神観”が大きく覆えされた瞬間でした。

新島少年は渡米後 科学技術以上に聖書を学び

帰国後 京都に同志社大学を設立し次世代を担う若者を教育したのです。

函館にまつわる人は沢山いますが私はどうしてもこの

新島 襄の若き日の情熱とアンビシャスのことを思い出してしまいます。

たとえ老いて行ってもこの情熱とアンビシャスを忘れない者となりたいです。