Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

心に残る言葉⑮

4か月ぶりの「心に残る言葉」です。

・「とうとう私は、自分の罪を

神の前にさらけ出さざるをえませんでした。

『何もかも主にお話しよう』と決心したのです。

すると、あなたは赦してくださいました。

私の罪は跡形もなく消えたのです。」

(詩編32:5 L.B)

告白には力があります。

私も毎日祈りの中で神様に告白し悔い改めます。

「罪が赦される」これこそ心の平安の基礎です。

・「一生の間に一人の人間でも

幸福にすることができれば

自分の幸福なのだ」

(川端康成)

結婚生活においてもいかにして

伴侶を幸せにできるだろうかと考え行動すれば

幸せになれるのではないでしょうか

・「奪い合うと足りないけれど

分かち合うとあまるものだ」

(相田みつを)

イエスも「受けるよりも与える方が幸い」とおっしゃいました。

その与える愛のパワーが内側にないと実践できませんね。

愛のパワーを日々受け取ることが大切だと思います。

・「傲慢は破滅に先立ち高名は転落に先立つ」

(フランスのことわざ)

聖書にも同じような言葉が

ありますが一番やっかいなことは

自らの傲慢さに本人はなかなか気付かないことです。

幸いな人生・家庭そして人間関係を築きたいならば

へりくだる謙遜な生き方を学ぶことでしょう。

・「狼と交われば吠えることを覚える」

(英国のことわざ)

私たちは環境から様々な影響を受けます。

特に学生時代は良い点も悪い点もそうではないでしょうか。

私は中学生の時は野球部に所属し部のキャプテンが

その中学の”番長”でした。

ですから・・・様々なことを・・・。

今言えることは多くの友はいなくても

本当に心から信頼できる友が一人いれば充分だということです。

今真の友から多くの良き点を学んでいます。

・「友の過ちは砂の上に書くものだ

満ち潮で消されてしまうように。

友の感謝は岩の上に刻むものだ。

雨風に負けずに永遠に覚えているように。

友の涙は雲の上に乗せてあげよう

辛い時 雨が降ったら自分も

一緒に泣いてあげるために。」

(FACEBOOKに記されていた先輩牧師の言葉)

・「良き母は学校の百人の教師の価値がある。」

(J ハーバート)

5年前に94歳で天に召された母には心から感謝しています。

母の明るさ 笑顔 愛情によって育てられました。

怒られた記憶は小学生の時2~3度でした。

やさしさを生活を通して体験させていただきました。

・「この苦しみは、神が与えてくださった務めでもあるのです。

あなたがたのために苦しめられた

キリストが見習うべき模範となられました。

この方について行きなさい。」

(1 ペテロ2:21 L.B)

誰でも生き方のモデルが必要だと思います。

私たちは真似(まね)て学(まな)ぶのです。

ライフスタイルも同じです。

あなたのモデルは誰でしょうか?

追加:「心に残るドキュメンタリー映画」

「小さな留学生」

*you tubeで観ることができます。