Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

キリスト教結婚式②

聖書は古いものでおよそ3500年前

に記されましたが結婚について言及されています。

旧約聖書にはリベカという女性が

ベールを覆ったという記事が登場しますし

イエス キリストの最初の奇跡が結婚式での出来事でした。

又新約聖書の手紙の中に結婚の

大切さ夫婦のあり方が記されています。

私はいつも思うのですがルールを知らずして自動車を運転すると

*実際はできませんが。大変なことになります。

他人に同乗者にそして自分に危害を与えてしまいます。

結婚もある意味同じなのではないでしょうか。

誰でも結婚をすることができますが

すべての人が幸せな結婚生活を送っているとは限りません。

残念ながら途中で破綻してしまうこともあるのです。

結婚とは夫婦とは何か

夫と妻の役割などルールを知っていることと

知らないでいることでは大きな違いがあると思います。

さて「キリスト教結婚式とは何か」と尋ねられたならばそれは

「神と証人(参列者)の前における

契約の儀式」と言っていいでしょう。

ですから「誓約」と「宣言」がとても大切なことです。

口づけや退場時のお姫様抱っこではないのです(笑)。

ちょっと堅くなってしまうかもしれませんが

次の三つが大切なことです。

①結婚を定められた方がおられる

聖書によればそれは創造主です。

いのちを与え生かしたもう方が人間の

幸せのために結婚制度が定められました。

それゆえこのお方の前に男と女は

夫と妻は全くをもって平等の立場です。

役割の違いはあったとしても差別があってはいけません。

互いに愛し合い補い合い支え合うことがとても大切です。

世界中を見渡すと色々な宗教があります。

詳しいことは省略しますがかなり女性が軽んじられ

虐げられている国があることは事実です。

インドやネパールの友人がいますが

かなり悲惨なレポートを聞きます。

②合わせられた方がおられる

③導かれる方がおられる

は来週記させていただきます。

暑い毎日ですので皆さまご自愛ください。