Pastor Message 牧師からのメッセージ

お知らせやイベント、日々の出来事を綴った牧師によるブログ

 

キリスト教結婚式⑦

日曜日に中央区北1西18丁目に

建設中であった「ライラックチャペル」

の引き渡しがあり皆で集まり感謝の祈りを捧げました。

11月17日(日)11時が献堂式ですので

興味のある方は是非いらしてくださいね。

申し込みは

ajohno91@grace.ocn.ne.jp (大野)です。

こころから歓迎いたします。

さて前回は指輪交換のところまで記しました。

交換の後聖書に手を載せていただきお祈りを捧げます。

心を込めて祈ります。

最後の「アーメン」は「本当にその通りです」といった意味があります。

その後誓約書があるところに移動していただくのですが

お嫁さんの横の歩く姿を参列者は

見ることができとても素敵なシーンですよ。

誓約書には新郎新婦それぞれフルネームを書いていただきます。新婦は旧姓。

たまに横にいる私に新郎様から

「今日何日ですか?」と尋ねられることがありますが

これは一番焦る時です。

急なことで・・・間違ったことも教えられないし・・・。

区役所のように本日の月日のお知らせは

誓約書を書くところの前には置いていませんので

新郎様式の日付は忘れないでくださいね(笑)。

欧米ではその昔牧師と立会人のサインをした結婚証明書が

法的に結婚届のために必要であったことからこのことが行われました。

さて元の場所に戻り本日ここにお二人の結婚が

成立したという宣言「結婚宣言」をいたします。

文字通り神と参列者の前に今日からこのお二人は夫婦であるとの宣言です。

私は両手を上げます。過去一度だけご両親も

つられてか両手を上げられたことがありますが

必要ありません(笑)。

その後ご挨拶そして全員による讃美歌が歌われます。

教会を始める時何を歌うか考えましたが

讃美歌は文語で今の若い人には歌詞もよくわからないだろうし・・・

そこで私の昔からの知り合いで映画「ドラえもん」の主題歌を

3曲作られたシンガーソングライターの岩淵まこと作曲の

「God bless you」(神様の祝福がありますように)

を選曲させてもらいました。

歌いやすく意味も分かりやすく我ながらベストチョイスと思っているのですが・・・。

さあいよいよ祝福の祈りが終わりお二人はご退場となりますが

参列された方はご存知かと思いますが

退場前にベールアップと口づけの時があります。

ベールは旧約聖書にも記されているくらい古くから

花嫁を覆っていたものですが二人の隔たりが

取り除かれる時でもありますので新郎様は

丁寧にベールを取り扱ってほしいものです。

くれぐれもよく行くお店の暖簾(のれん)のようには

なさらないでくださいね(笑)。

口づけはローズガーデンルールがあって?

「5秒」でお願いしています。

一瞬で終わるのは何とも・・・。

その時上から天使の白い羽が舞い降りてきますので

お二人を覆い又参列者も「あぁ~」と上を見上げますので

口づけシーンを見られる?のは実際3秒くらいですよ。

そしていよいよお二人は内回りで回り階段を下ります。

できれば最前列の御両家の所にご挨拶に行かれ

*この時涙を流される方がとても多いです。

そしてウエディングロードをお二人で腕を組み

ゆっくりと歩いてください。

笑顔で手を振ろうと言葉を交わそうと

結婚式は完了しましたのでご自由に喜びを表現してください。

ドアの前に来た時にドアが開き札幌の美しい景観が表れ

参列者の歓声が沸き上がります。

お二人は振り返り一礼したり手を振ったりハートマークを

作ったりもう一度キスをしたりお姫様だっこをしたり・・・

*これは新郎様筋トレが必要です。

どうぞ喜びを表現してください。

このようにしておよそ30分の結婚式が行われます。

28年間このような尊い働きを続けさせていただけたことを

心から感謝しております。

結婚式はとても大切です。

神様と人々の前における誓約です。

聖書も「結婚を重んじないさい」と教えています。

判らないことがあれば遠慮なくお尋ねくださいね。

全スタッフは全面的にお二人をサポートします!